トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  JRねぶた実行プロジェクト

JRねぶた実行プロジェクト

浄焔じょうえん 日本武尊やまとたけるのみこと

作: 竹浪 比呂央



 大和朝廷が勢力を拡大していた五、六世紀。反乱を起こした蝦夷えみし平定の勅命ちょくめいを受け、勇壮な戦いを繰り広げたのが日本武尊である。

 けいこう天皇てんのうの皇子として生まれた日本武尊は幼い頃より武勇に優れ、十六歳で初陣し、西国の熊襲くまそを平定、次いで出雲へ赴き出雲いずもたけるを討ち、大和へ帰還するも、程なくして今度は東国平定の命を受ける。

 出立した日本武尊はまず伊勢神宮を拝し、ここで神宮に仕える叔母の倭姫命やまとひめのみことより、天叢雲剣あめのむらくものつるぎと火打石を授かる。そして東へと進むが、相模に入ったところで土賊の長に欺かれ、野原で火攻めにされてしまう。烈しい風が起こり、煙が立ちこめる。窮地に陥った日本武尊であったが、伊勢で授かった天叢雲剣を抜き草木をぎ払うと、火は静まり難を脱することができたのであった。

 渦巻く火焔、災いを払う浄焔を背に、勇ましく剣を振る日本武尊。その雄姿に、新時代「令和」のこの国の繁栄と安寧を祈り願うものである。


≪ あおもり市民ねぶた実行委員会 2019年の大型ねぶた紹介 青森山田学園 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。