トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  に組・日本風力開発グループ

に組・日本風力開発グループ

鍾馗(しょうき)

作: 北村 隆



(とう)の六代皇帝(こうてい)玄宗(げんそう)(やまい)()していると、高熱の中で夢を見る。

宮廷内(きゅうていない)小鬼(こおに)悪戯(いたずら)をしてまわるが、どこからともなく大鬼(おおおに)が現れて、

小鬼を(なん)なく()らえて食べてしまう。

玄宗が大鬼に正体を(たず)ねると、

「自分は終南山(しゅうなんざん)鍾馗(しょうき)高祖(こうそ)皇帝(こうてい)は自分を手厚く(ほうむ)ってくれたので、その恩に(むく)いるためにやってきた」と告げた。

夢から覚めた玄宗は病気が(なお)っていることに気づく。

のちに邪気(じゃき)()けや疫病(えきびょう)()けに鍾馗(しょうき)()を家々に(かざ)る風習が生まれたという。

 

コロナが早く終息(しゅうそく)することを願う。

 


≪ マルハニチロ侫武多会 2022年の大型ねぶた紹介 日本通運ねぶた実行委員会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。